Top

ペリオンに眠る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ディフェンシブな強化は成功しました
今年はギリギリまでエアコンはつけないのよっ!と堅く決意をしていたのですが、週末の蒸し風呂加減にはすっかりウンザリでした。
ワタシのカタイ決意ほど、これまたユルイ決意はこの世に存在しないのでありまして、今夜はすっかりドライドライでグイングインとエアコンが大活躍なのであります。暑いのはいいんだけど、湿度でジメジメってのは体をダメにするからなーと言い訳です。



さて。
我がLAPには何人ものジェダイ達が、ダースなベーダと戦いながら、フォースを感じようと日々研鑽しているワケですが。
いま、有望なる若きジェダイ見習いが成長中なのですね。
e0008809_21291067.jpg

なんともフォトジェニックな被写体が約1名写っています。この方も実に凄まじきジェダイなのですが。
ジェダイ見習いは左のヒトです。一見、「春眠櫻電ニぽてち」というキャラ名のようですが、そういえばメイプルは全角6文字が限界なのでした。
本職は凄腕ビショップなのですが、いまはジェダイ見習いなのです。
現在84歳だったと思うのですが、おーしそれならマガティア名物の「ロミオとジュリエット愛の逃避行」クエストでもやりたいよな!ってコトになりまして・・。



これはLv.71~85での4名クエストなワケですが、なかなかギルド周辺では適齢期のキャラがいなかったりするのです。
なんだかLAPのヒトたちは、いざキャラを誕生させるとグイングインと育ててしまうヒトも多かったりで、あっという間に通過してしまうのですね。
でもでもでも!
e0008809_21403642.jpg

この子がいたのです。
そうです、賢弟ケンエリです。誕生してから3年近く経ってもいまだに85歳、ここ1年は全く成長していない実に麗しき停滞中のプリーストです。しかも「ロミオとジュリエット愛の逃避行」クエストも経験済みなのです。



おお、そしてよく考えてみれば!
LAPには栗娘もいる、どん子☆もいる、元祖アフロもいるっていうので、これは行けるんじゃねーの!という雰囲気だったのですが、いかんせん時間の都合が合いません。
そこで、この「ベテラン」クレリックに頑張ってもらうコトにしました。
e0008809_21451249.jpg

いきなりのレベルアップですが、67歳クレリコのRちゃんねるサブです。これまた誕生してからスサマジイ時間が経過しているのです。しかもジャクムソロまで経験して10秒間は生存していたのです。でもやっぱり67歳です。

死の森@エルナスの沸き具合も、かつての輝きを取り戻すくらいに復活しているのですが、ああやっぱり微妙に過疎地域の香りです。
今と較べてまだまだ牧歌的だった当時でも、この森だけは「放置してたじゃんよ!」「ずっといたよ!」とかいうクダラナイ会話が飛び交っていた場所なのですが、ああやっぱりエルナスの長期下落傾向に歯止めはかからない雰囲気です。

ともあれ人気があろうが無かろうが、ゾンビが眠くなるコトは今も昔も不変でありまして、レベルアップしたRちゃんねるクレリコさんも「つかれたねー^^」です。
「一気に三次転職して、そのまま71歳になって、ロミオとジュリエット愛の逃避行をするんだ!」という勢いも、30分で消滅です。



でもね。
e0008809_21511683.jpg

そうなのです。我が愛犬スズがついに20歳なのでした。歩みを共にしてからだいぶ経つような気もしますが、ようやく20歳です。念願のスタンドアップなハスキードッグに成長しました。
よかったよかった。長かった・・。



さてそして。
ここまでダラダラと書いてきて、えらく支離滅裂で、主題が明確でない記事だわよって思うのです。
筆者はいったい何が書きたいのか、ここまで読んできて理解できたヒトは、おそらく一人もいないと思います。
書いてるワタシ自身がそうなので当たり前なのですが、もしも「いやー、キミの言いたいコトはよく理解できる。うんうん。わかるよ!肩組んじゃうよ!」と思ったヒトが一人でもいるのだとすれば。
悪いことはいいません、あなたは今夜ばかりは早寝して、明日からシャキっとするコトをお勧めいします。視力検査も悪くありません。
うけけ。



とはいっても、このままで終わると読者が一人もいなくなる気がするので、とりあえず〆だけは用意しておくのです。
e0008809_21552623.jpg

なぜかこういうモノはできるんです。賢弟ケンエリにでも持たせようと思います。役に立たない気がしますけど。

その影で。
さよなら、さよなら、砕く骨の変な形の刀よ・・。
3枚目を貼るまでは、豪剣に育つと思っていたよ・・。

ヒネモス史上、これほど言いたいコトが明瞭な更新も珍しいカモしれません。

舞さま降臨
[PR]
by fabken | 2008-06-23 22:22 | ケンエリ
願わずに続く日々なんてないんだ
更新は久しぶりなんだよっていうか、最近はどうもヒネモス枕ではこのコトバを多用していてイカンイカンという状態でありますが、ともあれブログではご無沙汰しておりました。
この二ヶ月ほどは前年度からの継続業務みたいなコトばかりしていて、なんだか仕事のテンションとしては低めな状態だったのでありますが、ここにきて歯ごたえのある案件をいくつか抱え始めて、なかなか盛り上がっておりますよ。

さてそうなると反比例してメイプルの方がいささかお留守になるワケです。日本全国数千万人の労働者諸氏ならご理解いただけると思うのですが、アレですよ、仕事が盛り上がるほどに、そのあとはああやっぱり「おらおら、のもーぜー!」になるワケでして。
月曜日から水曜日まで出張行脚だったんだけど、実は夜の方が忙しかったのです。ねむいです。うけけ。



ともあれ。
メイプルも地味にやってます。
5月の反動期に入ってまして、「とにかく狩るのよっ!もう週末は朝からMAP確保よ!確保!それにしても峰って景色を眺めてるヒトばっかりだわっ!」なんてコトも、ダルくなってきました。
まあこのゲームを始めてから、ずっとこの繰り返しのような気もしますが。
e0008809_0164047.jpg

さっきまでソロビシャスをやっていたんですが、そんなダルさの中でもビシャスだけは可能な限りやってます。だって地味に稼げるんだもん。
ソロでの9分台撃破はコンスタントに出るようになってきましたが、同レベル程度のヒーローだと、はるかに短い時間で倒しちゃうヒトもかなりいるっぽいので、まだまだな雰囲気です。



ワタシの中でのナイト・ヒーローってのは、歩兵として最前線でバシバシってのが理想的なイメージなのですが、いかんせんワタシはテクニックが皆無に近いので、不動の砲台としてやってくしかないなーと思っておりまして。
その為にも、エリケンの火力を少しずつでも地味に上げていこうかってコトで、素DEXを下げてSTRに振り替える方向での強化もしてます。

ネオスパンツの素早さ強化がまずまずのモノになったので、砕骨刀装備を前提として、多少の余裕をみつつDEX50までは下げる予定であります。今のロヘンのままなら更に下げちゃうんだけどね。
アレですよ、「ええええ、今まではDEXいくつあったのよ!」っていう突っ込みはナシですよ。えへへ。
はい、エリケンさんは素DEX75で長らく過ごしてきました・・・。

でもアレですよ、エリケンが誕生した2005年初頭の基準だとDEX100戦士も珍しい存在では無かったんです。
だからまあ、4次実装後に増えてきた若きジェダイ達にはとてもとてもかなわないんだけど、これも古武士の悪あがきってヤツです。可能な限りup to dateなジェダイ像に近づけつつ、エリケンを生き延びさせようとは考えてます。
なかなか難しいんですけど。あははのは。

すでに4000円分の振り替えはしているのでありますが、それにしてもAP振り替え券は高いです。たかだかデジタルデータの書き換えに390円とかナメてます。
ちなみに、生ビールが390円だと安いと思うのが不思議です。どうでもいいけどメニューには「生ビール」と出ているのに、実は発泡酒とかナメてます。

ワタシの場合、その実装当初からMTSは使わないと決めているので、現金での購入になるんですが、AP10分のお金があれば安い居酒屋でなら激しく飲めちゃったりするってのも切ないハナシです。
まあそれでもね。エリケンさんには長い間楽しませてもらってきたので、その感謝も込めて多少の投資はしようと考えておりますよ。



さてそして。
e0008809_048190.jpg

先々週かな。偉大なるダークナイト、KINGボッ栗さんと久しぶりに祭壇で暴れるコトができたりして。
最後にご一緒したのがLAPジャクムを始めた頃だから、一年ぶりかなあ。時間の都合で腕のみで離脱したんだけど、かなり感慨深いものがありました。やっぱ強いよ、このヒトは・・。

そしてやっぱりLAPのムードメーカーはこのヒトだったんだっていう、つなちゃんも戻ってきて。
e0008809_052698.jpg

いつの日か、彼らも一緒にホーンテイルなんかを倒せたら楽しいんだろうな。そこに、試行錯誤をしながらもエリケンを育ててきた意味があるような気もしますねえ。



だったら「振り替えに使う金で飲めるなあ」なんて言わなければいいのですが、ああやっぱり今夜も飲んできてしまったので、ダメダメです。
でもだって。
「こっち、生チュー三つね!」が素敵すぎる季節なので仕方がないのです。
STR2と同じ値段のバーボンソーダが美味すぎるので仕方がないのです。

ご無沙汰でお返事です
[PR]
by fabken | 2008-06-19 01:04 | エリケン
Ihatov
精神的にでも肉体的にでもいいのだけれど、自己の内圧に耐え切れなくなる状況が誰しにもある。
それに対して、もちろん僕たちはいくつもの安全弁を用意している。日常的なストレスには、それは酒であったり、買物であったり、女の子と食事に行ったりすることで(卑近な例で申し訳ないけれど)、おおよそは解決していたりもする。

これらは、いわば形而下での「処理」に近いものであって、もちろんそれはとても大事なことではあるのだけれど、多少の覚悟を決めて自己と対峙せざるをえないときもある。苦味を伴った作業にはなるだろうが。
もちろん僕は平々凡々たる人間だから、そのためには触媒となる「何か」が必要になるのだけれど、僕にとってのその「何か」、つまり耐え難いほどの自己膨張への最終的な安全弁とは、実はたった一編の詩ということになる。少々、恥ずかしい告白になってしまうけれど。

もともとが音楽表現が一番しっくりとくる人間で、それは元来僕が持っているらしいプリミティブな性格からくるようだ。
それでも文字表現にも幼い頃から親しんできたし、手にしたCDと本の数を較べたら、間違いなく本の方が多いはずである。
もっとも、小説や散文を乱読する(あるいは雑読といってもいい)だけの、とても良い読み手とはいえないのだけれど。

そんな僕にとっても、「詩」というものは極めて近づきがたい存在である。むしろ詩を語るには値しない人間というか、多少なりとも触れた詩人は、谷川俊太郎、茨木のり子、そして宮沢賢治だけである。

文字表現というものは他の表現手法よりも相対的というか、書き手の意思と、読み手の大脳の働きに委ねられる部分が補完しあって、初めて作品として完結する色合いが強い。
小説はそれでもまだいい。「ストーリーを追う」こと自体が大きな魅力だから、受動的に楽しむことができる。僕などは典型的なそのタイプである。

ただ、詩は難しい。行間を咀嚼することを強いられ、そのたびに作者のみならず、自己と対峙することを求められるのだから。
当たり前のことだけれど、自己と向き合うことは辛いことである。肥大した自意識を客観する作業とは、開いた傷口をあえて触れることに等しいからだ。

なんだか前置きが長くなってしまった。
ともあれ、なぜヒネモスで唐突に一編の詩を紹介しようとしているのかという説明を前もって書きたかっただけだ。
そもそもこのようなゲーム記録に特化したブログに、こんなことを書くこと自体がおかしいのだけれど、いま困難な状況に置かれている人がいるとして、そのうちのたった一人にでも、これから紹介する一編の詩によって、内なる叱咤の声が聞こえてくるならば。その先に小さな灯火が点るのであれば。
これは、ほんの少しだけ意味のある記事になるのかもしれないと思うんだ。

あまりにも有名な詩なので、ご存知の方も多いだろうけれど。
今から80年前。
東北の、とある学校の教師を辞め、あえて困難な農業の道を志した人が、学校の生徒に向けて書いた詩といわれています。

「春と修羅・ 宮沢賢治」より
[PR]
by fabken | 2008-06-05 22:19 | naked
ハイネエリケン
本日をもってトーキョー方面も梅雨入りだそうですが、なんだか冴えない五月だったなーって思います。
雨自体はキライでは無いんですが、それは休日における、「もう今日は家から一歩も出ないコトに決めたの!いいのもう!インドアばんざい!」っていう状況に限定されるワケでして、そういえばここのところそういう日曜日が続いてるなあなどと、実にサビシク感じたりもしますが、つまりはそんな日にボーっと雨を眺めているのも悪くないっていう程度なのです。
それにしてもワンセンテンス枕ってのは、書くほうも読むほうも疲れますね。はい。



さて。
とりあえずの短期的目標としての「エリケン176歳でゴー!」で遊んでいるメイプルですが、よく考えたら176歳なんてのは短期でもなんでもなくて、実に長期的な気がしてきた今日この頃です。
e0008809_20141712.jpg

ともあれ174歳です。いまだにレベルアップ時に、SSボタンを「バキッ」と西北西の方角を睨みつつ押してしまうのが我ながらカワイイです。西北西ってどっちだ。

それにしても代わり映えもせずに峰竜太ですが、いいんです。
ヒネモス2005-2006年記事を読めば分かるコトですが、その頃のエリケンさんは、ずーっとブレイブなパイレーツにいたんですから、峰竜太通勤期間なんてのはカワイイものです。
あ、別にホントに2005年とかの記事なんて読まなくていいですよ。たぶん泣き言しか書いて無いですから。あははのは。

とにかく今は、「とりあえずさ、なんだかんだでレベルが上がりゃー、ほんの少しは火力が上がるんだろっ!」でやってます。
実際はレベル上昇なんてのより、装備をガシガシと強化する方がまっとうであるコトくらいは分かっているのです。いるのですが。
「君もいい加減に内実を固めなさいよ」と、職場で年がら年中言われているので、「遊びの世界くらいはそんなに堅いコト言わないでね、修行じゃないんだから☆」でやってます。うけけ。



さてそして。
e0008809_2021954.jpg

まったくもってヒタスラに、過酷狩りのりおちゃんねるです。115歳です。
長らく使用してきたバキドから、ついに念願のブラッドダガーにスイッチです。
これは自作強化品なのですが・・。
e0008809_202436100.jpg

はい。
先生がドロップした、良品のブラッドダガーの提供を受けて怒涛の強化です。
りおちゃんねるとは、斬りの師弟関係にある方です。
ワタシにとっては、「斬り=黒揚羽先生」という図式があるのですが、とにかく偉大な方です。このヒトの強化論を聞いていると、職が違うとはいえ、かなり「むむ・・」と拝聴モードに入るのです。
あれだなー、ブログでも何でもいいから、斬りサイト作ってくれないかなあ・・。

イエペペで初めて出会って以来、すでに3年が経過しようとしていますが、基本線が「斬って斬って斬りまくる」ヒトなので、このあたり「ジェダイでジェダイでジェダイまくる」ワタシとしては、果てしないシンパシーを覚えるのでありますよ。

先生に限らず、LAPには建造さんをはじめ斬り賊が何人もいるので、スキルの相談やらなにやら、なかなかシアワセな環境に身をおいてるなーって思いますね。

ともあれ、「さらなる高みを目指すのよーっ!」なりおちゃんねるです。
過酷狩りなんて、なんのそのです。
きっとたぶんおそらくめいびー・・・。
e0008809_20284313.jpg

たくましいなあって思います。
e0008809_20374484.jpg

ココロの底からたくましいなあって思います。



さて。
何よりも今週末で最大級のデキゴト@メイプルはですね。
e0008809_20413316.jpg

これですよ・・。
LAPにおける静的支柱がマスターオプテロン師だとすれば、動的支柱はまさにこのヒトなんですそうなんです。
ボッ栗さんですね。ヒネモスでも何度も書いたような気もしますが、1年前に愛娘ご生誕とともに、バッサリとメイプルに区切りをつけた、豪腕ダークナイトであり弓士であり氷魔さんなのでありますね。ほんとに強かった・・。

これまでにも何度かチャット限定で遊びにはきてくれてまして、ひたすら音楽バナシで終わったりもしていたんですが。
e0008809_20382851.jpg

久しぶりにビシャス戦です。ゆかりの方も集まって11名かな・・。
2分少々の戯れではありましたけど、そういえば4次実装前は、こんなカンジでみんなでビシャス通勤をしていたなーなどと、柄にもなく感傷的になりながらの復活戦でありました。

ほんとはなー、せめてジャクム戦でお迎えしたいんだけど、なかなか時間も取れない中でのログインなので、今のところはこれが精一杯なカンジです。
でも、いつか・・!



そんなカンジでそんな雰囲気で。
かつてはかろうじてあったような気もする、「経験則で語るナイト育成」的な匂いも消え去ったヒネモスですが、いいんです。
e0008809_20464299.jpg

共にビールを愛するこのヒトと、「ハイネケンさいこー!」「キリンプレミアム・無濾過さいこー!」と、ウィンクをしている時間で充足できるのです。うははー!

「YEBIS」というキャラクター名が登録できるのか、なんだか気になる今日この頃です。

酔って候、眠って候
[PR]
by fabken | 2008-06-02 21:07 | エリケン