Top

ペリオンに眠る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
All For One
選挙な週末だったワケですが、大雨カミナリ警報的な週末でもありました@江戸。
洗濯機をグルングルンとコンボアタックのごとく回して、せっせと干したあとに驟雨に見舞われまして。
テラスの構造上、とりあえずは吹き込まないようになっているのですが、「独居房 乾かぬパンツを 眺めつつ あれどうすんだ めんどくさい (詠み人しらず)」な昼下がりでありました。



さて。
そんな独居ライフな週末が、全力で過ぎ去ろうとする日曜日の午後に。
e0008809_20445417.jpg

ちょっとばかり特別な電気蛸に行ってまいりましたよ。
この・・。このスペッチャルな方の主催ゲームだったのです。
e0008809_20532331.jpg

メイプルのラグ対策などでもご存知の方も多いと思いますが、ダークナイトな剋麒麟さまよりご招待を受けまして・・。相方の櫻ちゃさんと共に、この2人と同じPTだと完全にエリケンさんの命を預けて暴れるコトができる凄腕なのです。



でね。
麒麟ぽんの主催ゲームでありつつ、実は主役はもう一人いたのです。
e0008809_212141100.jpg

注目すべきは、日焼けサロンの三蔵法師ではありません。真ん中のヒトですね。
そうです。「鉾ジョニのバーサーク20を捕まえようぜ!」だったのですね。
ジョニさんといえば、現在のメインキャラは投ジョニなワケで、しかも今は騎士ジョニ育成中だったりもするのですが。

やっぱり、先代ドラゴンナイトからも含めて、このヒトのアイデンティティは槍であり鉾なワケです。
e0008809_20581889.jpg

これは懐かしい・・。2年近く前のSSでありますが、これがきっと最初にジョニさんと一緒にジャクム腕もぎ大会に参加したときだと思われます。
このときが、先代DKの最末期だったのかな。すでに120歳になっていたはずであります。



イロイロモロモロな歳月を重ねて、再びダークナイトの道も歩んできたワケですが。
これがなかなかバーサーク20を捕まえられないようでして。20になった段階で、スサマジイまでの破壊力を得るダークナイトですから、このあたり、なかなか悶々としていたようです。

そこで男気を見せたのが、麒麟ぽんだったワケです!
かっこいい・・!
エリケンさんが守銭奴として足元ばかりを見ていた頃に、こんな素敵企画を立案していたのですね。



ただ、残念なコトに。ほんとに残念なコトに。
直前になってPCアクシデントに見舞われたために、麒麟&櫻の強力タッグは後方支援にまわるっていう事態になってしまいました。
が。
そこで再び男気を見せる熱いヤツが現れたのです。守銭奴エリケンじゃ無いことは確かです。
e0008809_217562.jpg

麒麟ぽんが高倉健なら、このヒトは菅原文太だぜっていう麺さまです。泣いていますがそうなのです。
「先発:剋麒麟 リリーフ:麺様」による、メチャクチャ豪華で熱いリレーによる電気蛸大会になりました。



戦いそのものは12名の2PTで戦闘態勢に入ったワケです。
でもこれはアレですね。ここにいなかった麒麟&櫻を加えた14名PTってカンジでしたね。いやマジで。
「バーサークを出そう」
目的はこれ!当たり前ですが、出そうといっても出ないときもあるのです。むしろそっちの方が多いのです。
でもなんですよ、願えば叶う!
そして・・!
e0008809_21535655.jpg

若干の苦労はともないつつも、50分弱かなあ。
撃破した瞬間に、麒麟ぽんに捧げる声よ届け!っていう声が飛び交いました。
そして、戦場カメラマンとしては不甲斐ないコトにSSは無いのですが、ジャクムはバーサークを実に安産で産み落としてくれました!



その30分後。
e0008809_2056715.jpg

うーん、エリケンでコンボ30を三度目の正直で試行したときもかなりのドキドキでしたけど、これは本当に手に汗を握るカンジでしたなあ。
麒麟ぽんと麺たん、そして彼らが率いた12名の仲間達の想いが結実するかどうか!っていう瞬間ですからね。

さて、結果は。
e0008809_21251226.jpg

はい、こんなコトをやって遊んでるくらいですから大成功でした!
ワタシっていうか、エリケンさんは現場でブルンブルンと剣を振り回すくらいしかしていないのに、ここまで感動しちゃったワケですから、主催をした麒麟&麺両氏のヨロコビってのは計り知れないものがあるはずのです。
ほんと、メチャクチャに良い時間を過ごすことができたなあって思う次第でありますよ。

そしてアレです。PCのスペックアップをしたおかげか、全くのラグ知らずで暴れられて、個人的にもこれまた実に楽しい時間でありました。うけけ。



それにしてもマジメなハナシを記事にするコトは難しいってことに、あらためて気がつかされます。
ホントはヘラヘラと書きたかったのですが、週明け早々にカチョーと激闘をしてしまったので、そうもいかないのです。

カチョーがラグで落ちてくれればいいのですが、超ハイスペックなヒトなので難しそうです。

こちらは極めて私的なデキゴト
[PR]
by fabken | 2007-07-30 22:11 | エリケン
モンスターマグネットもありました
もわんもわんとしたモンスーンなトーキョーでしたが、みなさまにおかれましても、もわんもわんだったのでしょうか。
職場でも温度調整のおかげでビミョーに暑いのですが、自主的なクールビズ(笑)が始まっているせいか、あるいは「クールビズ(笑)だから暑くは無いのだ」と自己暗示しているせいか、さほどのクレームは出ていないみたいです。

でもアレですな、クールビズ(笑)でネクタイを外すなら、やっぱりボタンダウンにせざるを得ない気がします。むしろそれ以外はあり得ないっていうかなんというか。いにしえのアイビーリーグみたいで、なんだかエセお坊ちゃまな雰囲気で通勤しとります。半休とっちゃいましたけど。えへへ。



さて。
再び守銭奴モードを再開したっぽいエリケンさんですが。
4次以降、完全にヘクタMAPと化した武器庫です。しかしメルは稼げるとは知りつつも、さすがに気分転換も必要でして。
思えば2年前のちょうど今頃からおよそ1年間に渡って、エリケンはブレイブなパイレーツに篭りきりだったのです。よくもまあ、あんなコトができたものなのです。

でね。ここのところは、こっちにも足を伸ばしておりますよ。
e0008809_2043229.jpg

普通ですね、こういったメイプルブログってのは「ダメージビシバシウケケ!」っていうSSを使用するのが常道なのですが、今のワタシはそんなコトにはまるで興味がないのです。ジャンボなタコ焼きなんて一週間に10個使えばいいほうです。
つまりは、足元に落下するドロップを見ながら狩りをしているのです。「まずは自分の足元を見つめなさい」です。なんだか使用例が違います。

いやですね、メル亡者の貴兄ならば先刻ご承知のとおり、やっぱりこちらも稼げます。もう大変です。
e0008809_2081585.jpg

マナエリクサーが。

ナイト・クルセイダーのスキルには、「リラックス」という、MPの自然増加に貢献する地味スキルがあるワケです。地味でもステキなのです。野球で例えれば7番バッターみたいなスキルなのです。
そもそもMP使用量が少ないのですよ。剣斧鈍器遣いってのはね。主力MP回復は、きっと永遠にマナエリクサーです。
昨日一日で、500個からスタートしてログアウト前には1900個です。消費欄を3段も拡張するっていう、戦士とは思えない暴挙をしているからこそ所持できるのですが、なんだか大変です。



スキューバー狩りを楽しむってなれば、こっちも魅力的でありまして。
e0008809_20124682.jpg

デカイ金魚相手に、ソロでも遊ぶようになりました。メルが貯まるってのは、こういう禁断の遊びが出来るから楽しいのです。
メルが無ければこうはいきません。ナイト時代は、「無い袖は振れねーよ!ペッペッ!」だったのです。
HPゲージが0になったら元も子も無いので、パワーエリクサーをブルジョア的に使用しますが、アレです。ハゼから貰ったものと金魚ドロップで完全相殺です。相殺っていうかむしろ増えるのです。

そして4次職垂涎の!ステキドロップもあったりします。
e0008809_20162419.jpg

マナリフレッションというそうです。マナをリフレッションです。意味がよく分かりませんが、半径3m周囲にいる魔法使いの方々からは、このコトバの「マ」すら聞いたことがありません。
耳にするマがつくコトバといえば、大抵は「マたねー」です。あるいは「マたお前かよっ」という、ワタシに対する捨てゼリフくらいです。
たぶんきっとおそらくめいびー、レベル200くらいで獲得を考える不憫系スキルなんだと思います。

つまりは、この雰囲気このカンジ。
e0008809_20193060.jpg


こんなSSを撮っている、そんなワタシが一番不憫です。

10%にかけろ!
[PR]
by fabken | 2007-07-23 20:40 | エリケン
あの街を歩くヒトの、でっかいバッグの中身が知りたいです
とりあえず起伏の無い生活を送っているこの頃なのでありますが、通勤電車の中では大沢在昌のハードボイルドな世界に浸っております。
ここで書評をしても仕方が無いというか、そういえば時々そんなヘッポコ紹介記事なんてのも書いたりしたなあと、実に恥ずかしく思い出したりもする午後9時です。ははは。

いろんな作品を読み漁っておるのですが、大沢のベースの街といえる、新宿と六本木の二つの街を中心に繰り広げられる世界ってのは、やっぱりスゲースゲー魅力的なのです。
街のディティールの描き方が秀逸だからこその説得力もあったりで、花園神社裏の描写なんぞが出てくると、もうゾクゾクしてます。朝の電車の中で。ゾクゾク。

つい先日、やむを得ず「アキバ」に行ったのですが、ワタシの偏見ギラギラの視線を差し引いても、ここじゃ大沢の小説は成り立たないだろうなーと、一人で勝手に激しく納得しましたなあ。あそこは「街」じゃないですね。
ちょいと裏手にまわると、江戸・神田風情のビミョーな残滓を感じ取れる、いい場所でもあるんですけどね。



さて。
枕とまったく連動しない、いつもながらのヘッポコヒネモスですが。
先週末、ジョニさんが音頭をとった電気蛸漁にお招きいただきまして。漁船は12名乗りでしたよ。
e0008809_20344851.jpg

このSSのおよそ27秒前に、投げジョニさんが160歳です。その633秒後には、投げ麺さんが150歳です。実におめでたいのです。
途中から、「ひょっとして、エリケンさんは雑談大会に招かれたのかしらっ!」と思うくらいにチャット炸裂です。
電気蛸漁で腹を抱えて笑ったのは初めてだったのですが、笑った拍子にコーヒーを足にぶちまけてしまい、その熱さに涙目で歯をくいしばるという極めて危険な状況の中、どうにか船酔いもせずに帰港した次第であります。



そんなおめでたい雰囲気の中。
残念ながらラグラグで落ちてしまったメンバーもいて、このままじゃ終われないよっ!というコトで。
e0008809_20443153.jpg

電気蛸漁師の有志と仲間達で、ストレス発散です。ファントムプラントの方は10秒足らずで終わった気もするのですが、右足が微妙にヤケドチックでヒリヒリでした。
熱い熱いコーヒーは、マウスがある右側に置いてはいけないのだというコトを、この歳にしてようやく学ぶコトができました。うけけ。



でね。
電気蛸に戻りますが。
e0008809_20475970.jpg

こういうシーンは、やっぱり切ないですなあ。
ヒーロースキルのアドバンスドコンボ落下のシーンでありますが、これってどうにかならないんですかねえ。
先日も、アドバンスドチャージやトリプルスローが無為に消えていくシーンを見ていたんですが、これはアレですよ。もうさ、販売はできない仕様にした上で、落とすコト・拾うコトはできるようにするとかさ。
困難なクエストなりをこなしたキャラクターは、こういったスキルブックを拾うコトができるようになるとかさ、出来ないもんですかねえ。



はい、そして。
そのアドバンスドコンボチックな左側に、当たり前のようにしてコイツが落ちておりました。
e0008809_20525483.jpg

証票です。ヒトによっては、標章とか商標とか証憑とか氷床とかは、別に言わないワケですが、いただくコトになりました。
電気蛸漁にはさほど出漁しないし、出漁したとしても「はい!」と手を挙げる方では無いというか、いつもあんまり役に立ってないので隅っこにいるというか、そもそもメイプルのキャラは挙手できないようになってるので、実は初めて手にしたのです。地味に嬉しかったです。あはは。

[嬉しかった、その理由を述べよ]
e0008809_20584227.jpg

そうなのです。ずーっと前に、クエストついでにホーンテイル氏の周辺をウロウロしていたら、愛犬スズが遠征隊員証票カンケイを拾い食いしておりまして・・。
どうにか証票をまとめることができました。ETC欄がガラ空きです。ファイアブルネックレス集めに拍車がかかりそうで、なんだかコワイです。



さて。
守銭奴と化していたエリケンさんですが、100Mを超えた段階でなんだか気が抜けてしまって、「メル鬼畜」の状態からは一服です。これじゃーイカンのです。まだまだまだまだ、鬼畜にならないといけないのです。
そんなカンジで、昨夜は少しばかりっていうか、実はワタシとしてはかなりの散財をしてしまいました。これでメルが減れば、再び守銭奴になれるのではないか!っていう期待もあったのですが。

どうにもヤル気が起きないので、りおちゃんねるに気合を入れていただきました。
e0008809_21111475.jpg

気合相手は、エリケンを支える商人です。以前の整形ランダムに続いて、髪型ランダムです。
2004年12月に誕生したのに12歳のファイターです。実はエリケンよりも年上です。INTは5、LUKにいたっては10あったりする幸運系です。
でも、このヒトの頑張りあればこその守銭奴なのです。エルフで影の薄い昨今ですが、エリケンのパトロンである事実に変わりはありません。
e0008809_2181420.jpg

ここまで髪がパッツンパッツンになってのであれば、少しは育てた方がいいのかもしれません。やるよ!やっちゃうよ!



装備できる武器を、アイテム欄で探してみます。
e0008809_211741100.jpg

商品倉庫だけに、さすがにありませんでした。
それにしても「商品」なのに、なんだか不思議な装備が多いです。
158歳ヒーロー、進むべき道を激しく間違ってるのかもしれません。

たまには・・。
[PR]
by fabken | 2007-07-18 21:21 | エリケン
ジェダイの邂逅、あるいは粗悪菌の危機
おかげさまで100M貯金を達成したエリケンさんを扱うワタシです。おはようございます。
100Mってのは大金でも何でも無い昨今ですが、エリケンさんにとってはかなりの額です。

しかしアレですよ、原資3Mからスタートして三週間です。それなりに「オシゴト」をしているからなのですが、だいたい週4で1日2時間ちょいでしょうか。当たり前ですけどそれだけじゃ貯まりません。切ないくらいに週末がヒマな状態なので、土日はヘラヘラとやってるのですがっ!
・・・。
メルが貯まるのは、悲しむべきコトのような気がしてきました。



それでも、これはナイト時代には有りえないコトです。よくもまあ、2年以上もナイトで暮らしてきたなあとシミジミ驚くのです。
そもそも、ダメージを厭うようではナイト道はダメなのよっ!というのは、騎士諸賢であれば激しくうなずいていただけると思います。
で、ワタシの場合すでにそれが快感だったりで、操作下手をタナに上げて「回避狩り?ペッペッ!」だったのです。

今でもその傾向というか志向というか下手さ加減というか、そのあたりは全く変化がないワケです。
ダメージを食らうと「いいわ、いいわ」です。それにも関わらず「経験値効率の良い狩場で黒字!」が成立してるっていうのは、いかに、「シュケン!シュケン!」的ブランディッシュの使い勝手が良いかというコトなのですなあ。



でね。
ここにきて、ソードマン・ナイト・ヒーロー系列の育成を開始された方も多いと思われます。
ナイトが「過程」になってしまった今、どうしても高効率MAPに目が向くと思うのですが、どこを選んでも基本的には赤字です。時おり、金融・駐車場で狩りをしているジェダイ見習いを見かけますが、やめたほうがいいです。いやマジで。

あそこの適齢期は70~90歳程度だと思うのですが、コマやパニックが中途半端な状態だとですね、「お客さま。ビール2本・野菜スティック・唐揚げで、締めて25万円です」の怖いお店と一緒です。明け方の新宿歌舞伎町では、今でも身ぐるみ剥がされたオジサマをみかけるコトもあるのですが、そんなカンジになっちゃいます。

メルの算段に頭を痛めろ。
そのあたりにも楽しさを見つけてほしいですねえ。
どっちにしても、メチャクチャに楽しい職ですから。ナイトは。
レベル150とか160の世界で、コマ・パニックの3次スキルで遊べたのは、ある意味でシアワセだったのかもしれないなあって思います。これはどの職でもいえるコトなんだけどね。



さて。
先日のこと、他サーバからそんなジェダイのツワモノたちにご訪問いただきまして。
e0008809_7312572.jpg

なにかが違います。「ジェダイの邂逅」っていう雰囲気ではありません。そもそも、名前からは凶悪な何かが漂うのです。
なんだ・・。この危険な香りはなんだ・・。
e0008809_7332125.jpg

そうなのです。もみじサーバだけでなく、ついにさくらサーバでも、あのあの!
粗悪菌が散布です。そのヒトのそばにいるだけで、ドロップする装備品がことごとく劣悪なる能力になってしまうという、あの恐るべき粗悪菌です。

ちなみに、たまたまこの場に居合わせただけのこの方も、すぐに感染したようです。
e0008809_7353342.jpg

恐るべき感染力です。でも、なまじ良品を出したばっかりに「これの相場っていくらなんだ!」と悩まずに済むという点では、善玉菌なのかもしれません。



この粗悪兄弟、実はすごいヒトビトでして・・。坊主ですけど。
粗悪菌を散布してるヒトが172ヒーロー、熟成してるヒトが158パラディンです。おお、熟成してるヒトはエリケンさんと同い年です。もちろんキャラレベルです。うけけ。
しかもそこには、粗悪菌媒介人として、すももサーバから訪れたこのヒトも!

粗悪兄弟の仲が、これまた実に睦まじいのが泣けます。
e0008809_7441070.jpg

相性度94です。これだけ相性が良ければ、そりゃー粗悪になるっていうもんです。
先日、ワタシは攻撃85の青雲剣(標準-5!)をドロップしたのですが、思えばこれはこの日の予兆だったのカモしれません。とっとけば良かったなーとも思うのですが、厄払いは早い方がいいのです。

ともあれメイプル歴が長い方たちばっかりだったので、イエペペやラッシュブルといったエルナス方面のハナシで盛り上がって、楽しかったですねえ。
ここに、かえで出身のアフロンがいたら、さらに懐古譚が聞けたのになあって残念なのです。



はい。で。
あらためて、粗悪兄弟&媒介人さまのご紹介です。
散布していたのはFormDeamonさんですね。日常のオモシロ記事から、生きたヒーロー・ナイト検証記事まで、激しくジェダイ育成をしている諸賢は、まずはココを読め!ってカンジです。メイプルブログってのを超えてずっと大ファンだったのですが、こうやって話せる日が来るとは思いませんでした。あひゃひゃ。

相性94の熟成職人は七星無靠さんです。これまた好みの脱力系です。アキレス20の三連続失敗記事は、申し訳ないと思いつつ泣きながら笑ってしまったのです。こうして自分を笑えるヒトは激しく共感です。

そして媒介人さんは、くまごろしさん。戦士育成サイトを運営されてるのですが・・。これはスゴイ。かつて「こちゃん・オブ・ハート」という空前絶後の戦士育成サイトがありましたが、絶後じゃなくて、実はその受け皿に充分になるんじゃないか・・。それくらいに素敵サイトなのですよ。

ホントに素敵な一夜でありました。23時にダラダラとチャットを始めて、終了したのが翌朝3時。いやあ、その日の昼飯あとの30分ってのは辛かった!居眠りでクビとかシャレにならないので頑張りましたけど。
とにかく、良い時間だったなーって思うのです。



あらためて思ったんだけど。
やっぱりさ。
e0008809_812040.jpg

剣士から心意気を取ってしまったら、そこにはいったい何が残るんだい?

がんばれ。
次代のジェダイを目指す、若きスカイウォーカー達よ。

ひさしぶりにやってみた!
[PR]
by fabken | 2007-07-15 08:21
What's so funny about Love,Peace&Understanding?
さて、ワケあってかなりの睡魔がウヒヒと右後方37度方向から襲い掛かっておりますが、そのワケは次回に書くとしまして。

蓄財のプチ鬼と化していたエリケンさんの方は、MLBオールスター戦が間近に迫ろうがなんだろうが、やっぱりそのままプチ鬼で頑張っておるようです。
細かいコトを書きますが、アレです、6月22日に3個目のアドバンスドコンボ30を涙目で購入した時の全財産が3M。そして7月10日現在で77Mまできております。



これはエライコトです。この間、ガシャスティックなメル稼ぎやら、大物系ドロップは一切無いにも関わらずメルが貯まるのです。
ナイト時代には、狩りをするだけでメルが右肩上がりに増加するなんてのはありえないワケで、いやむしろ、激しく右肩下がりだっただけに感無量なのです。うけけ。
これでいいのかしらっ!と思って落ち着かないのは相変わらずです。貧乏性なのです。剣士を30ヶ月も続けていたらそうなってしまったのです。

とにもかくにも、セコく蓄財するためには武器庫が最もよさげかしらっ!ていう結論が出ておりまして。
e0008809_18485217.jpg

騎士ジョニの素敵相方さまと、討ち死にしようがなんだろうが、ここで仕事をしておりますよ。
以前、クルセイダーの方が「ここは眠くなる」とおっしゃっていたコトがあったのですが、たしかにヒーローにとっても眠い場所になりました。
眠くなると、SSのようになってしまうのですが、「シゴトはチョー楽でぇー、一日一時間くらい働けばよくてぇー、で、給料いいとこぉー」っていう、夢の三拍子でボーっとしています。



さて。
黒字生活になると、それ即ちヒネモスの危機っていうくらいに、これまでワタシのブログは赤字系記事で成り立っていたのですが、先週末はこんなコトもありました。
e0008809_18531116.jpg

我らが労働組合系ギルドLAPが、第50回目の集会を迎えることとなりまして。
2年前に立ち上げて以来、隔週土曜日にウダウダと雑談大会を開いてきたワケですが、よくもまあ続いたものです。

第一回目の参加者で、今もこのゲームで遊んでいるヒトビトは数名だけっていう、シミジミと時の流れってやつを実感させる状態でもあるのですが。
それでもやっぱり、ギルドってのはいいなあって思いますね。
普段の営業活動というか、狩りってのはバラバラで、チャット欄がそれを繋ぐ唯一のものなんですね。
平均レベルもいつの間にやらグイングインと上がってしまって、ほぼ全員が4次職、150歳以上のヒトも10名ほどいるのかなあ。
早いハナシがワタシも含めて、遊んでいる間はやっぱり「狩り!」だったりもするワケですよ。

でもさ。
メンバーの大半がキンローシャで、モロモロに忙しくて、それでも「メイプルで遊ぶのも好きでさー」っていう連中が寄り集まってますから、本来なら貴重なin時間は営業活動に勤しんで当然なんですが。
e0008809_19134211.jpg

普段の集会は、こんなカンジで10名足らずでボーっと雑談して終わるのですが、それでもワザワザこのためだけに、土曜日の夜21:30!っていう、世間的にはかなりオイシイ時間帯にログインしてくれる方もいるんですよねえ。



マスターのビジョンズ&オプテロン氏からギルドを作ろうと誘われたときには、「ギルドってなんじゃらほい?」状態っていうか、FLで充分なんじゃないかなーって思っていたワケです。
当時のブログ記事に、「器を作ってもタマシイこめないと意味がない」とか、エラソーなコトを書いた記憶があるので、やっぱりそんなカンジに思っていたみたいです。

それでも続いてきた2年間。
基本的なコミュニケーション手段は文字と限られた表情のみっていう、元来プリミティブなワタシとしては、えらく制限された状態の中でみんなと遊んできたワケです。
まあ、いろいろとありました。もちろん、ヒトが集まればキレイゴトだけで済むわけも無く。
「もうやめちまおうかな」っていうことも少なからずあったりで。
それでも良かったコトが少しでもあったのであれば、それはきっと価値があるんじゃないだべかー!で、ワタシもここにお世話になってきたのです。

なんていうかですね、ことさらに「ヒトとの繋がり」と言ったり書いたりするのは流儀じゃないんです。それは当たり前のコトだからさ。繋がるからやってけるってのはね。
でもやっぱり。少しばかりの感謝をこめて。
たぶんきっとおそらくめいびー、このギルドにいなかったら、そしてこのメンバー達がいなければメイプルは続けてなかったと思います。
たぶん、じゃないな。間違いなく。



はっ。
ヒネモスは感傷のゴミ捨て場じゃないのです。ワタシの個人的な想いとかはどうでもいいのでした。
「エリケンの日常をあひゃひゃと笑う」がテーマだったのでした!危ないところでした。

まあ、でも。
e0008809_19342149.jpg

いいヒトたちと出会えて、ほんと良かったさ。

次回予告、「粗悪菌の脅威」
[PR]
by fabken | 2007-07-10 20:10 | エリケン
守銭奴は、語るべきコトバを持ちません
ときどき思うのですが、手段が目的となる場合があったりします。なってしまうっていうか。
いきなりハナシが南南西の方向に飛んでしまう雰囲気ですが、ボディビルなんてのはそんな匂いが激しく漂うのです。

ほれ、なんかボディビルチャンピオン!なんて方達の、マッスル人生を始めたキッカケなんてのを聞くと、「体調管理をしようと思って~」という、意外と軽いものだったりしますな。
それが途中から、だんだんとムキムキしてきた己がニクタイを見ているうちに、「それ自体がハラショー!」になっていったんだと思うのですよ。なんとなくですけど。



なんだかワケの分からない枕でありますが。
はい、つまりは。
e0008809_2033358.jpg

このSSだけだと、まったくもって意味不明でありますが、早いハナシが「蓄財」が目的化してしまったエリケンさんです。
恐ろしいコトに、武器庫に篭っていると猛烈にメルが増えていくのです。ハゼでも同様なのですが、チャリーのおかげで小銭のたまり具合が違います。
やっぱり小銭は偉大です。お金を貰って喜ばないヒトはいませんが、小銭の場合、大量に渡すと相手を嫌がらせるコトもできる分、きっとお札よりも偉大です。



でさ。
当たり前ですけど、本来はカネを貯めるってのは手段であって、目的というのは別にあるワケです。「オメガのシーマスターを買いたいのっ!」という具体的なものから、「ワタシの老後はどうなるのっ!」っていう漠然としたものまで、その目的は様々でありますが、つまりはそういうものなワケですね。

ところが中には、「少しずつ金額が増えていく預金通帳を眺めながら呑む酒はハラショー!」っていうヒトがいるワケです。増えるコトのみにヨロコビを感じるワケです。
あんまりそういうヒトにはなりたく無いのですが、メイプルにおけるワタシは、完全に「預金をサカナに、酒呑んでハラショー!」状態になっております。
コンボ30の三連続購入で破産寸前だった財政状況も、50M超えまでに回復しております。恐ろしいコトに、ネックレス売却がその主たる要因だったりします。



それにしても、テンションの低い記事です。
こういう守銭奴狩りをしているとですね、ブログでなんかを書こうっていうか、鵜の目鷹の目になって「ブログネタを探すぜ、うけけ」っていう気分にならないみたいです。
ほんとはさ。
e0008809_20505330.jpg

ギルドLAPが今週末に節目を迎えるにあたって、企画担当役員のちゃまさんとイベント準備なんてのもしてるのよ!ってコトも書きたいのですが、それを書くと怒られそうなのでやめておくのです。



そんな中、水面下で新たなギルド結成の動きです。
アフロンことSTR斬りのぶた狂でもある、イァールク氏が、ブンガク的なギルドを作るみたいです。
e0008809_20541496.gif

「あふろとぶたと青春」です。すごい長いギルド名です。略して「ABS」です。
ゴッドマザーはりおちゃんねるです。天才的コピーライターとして、密かに尊敬です。

ちなみに参加資格は、アフロヘアーみたいです。

でもね、守銭奴だって!
[PR]
by fabken | 2007-07-04 21:37 | エリケン