Top

ペリオンに眠る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
リプレ・ベイビーズ
なんだか、実に久しぶりに仕事への意欲で満ちあふれている今日この頃です。
仕事といっても、それはワタシでは無くて、エリケンさんの「ナイトなお仕事」の方なのです。

もちろんワタシ自身の仕事への意欲も、これまた実に満ちあふれているのですが、それは毎日、上司や同僚に必死になってアピールしているので、ここで書くほどのコトでもないのです。
そもそも、「仕事で疲れている」のか、「アピールで疲れている」のか、もはや自分で判別がつきません。年度末手当で、その評価が分かるみたいです。
あんまり分かりたくありません。



さて。
「ナイトなお仕事」意欲に満ちあふれているのよーっ!と書きましたが。
やっぱりPTじゃないと、あんまり面白くないのは事実です。一人で合コンをやってもツマラナイのと一緒です。そもそも、それは合コンとは呼びません。

そんなカンジで。
e0008809_21561831.jpg

週末は、DK栗たん・氷魔アチャパパ・聖魔舞さまとガッツリとPTをさせていただきました。いわゆる「赤と闇における人馬一体・槍一筋」MAPです。何がいわゆるなのかは分かりません。
最近はこの方達と遊んでもらうコトが多いのですが、いやー、これがスゴイ!

ここはご承知のとおり、「聖弱点の人馬一体(闇・UG0)」と、「氷弱点の人馬一体(火・UG0)」が、平穏に暮らしている場所なワケですが、こんな配置でやってみましたよ。
e0008809_22113071.jpg

左右の上中段は、舞さまとアチャパパが担当です。キョーレツな属性魔法でバシバシと叩いていただきました。そして下段を、強すぎDKの栗たんが担当したワケです。ちなみに、エリケンさんはお笑い担当をさせていただきました。
さらには、STRの香り高きマスシフのアフロンが、ギルドチャットで「笑点」の実況を担当してくれました。完璧な布陣です。



二時間ほどでしょうか、かなり気合を入れてやってみたんですが、栗たん時給で9M以上を記録したみたいです。
SS撮影時刻からざっくりと計算してみると、ワタシも8M/h程度は確保していたみたいです。栗たんとの火力差を考えると、だいたいこんなものでしょうね。

でね。
どうやら、赤いヒトも闇のヒトもベビーブームを迎えているようで、倒しても倒しても次から次へと産声を上げるワケですね。
こっちはこっちで、「そろそろユニコーンが出てもおかしくないね^^」「思うだけならそうだね^^」と、大型ドロップへの期待で満ちあふれているワケですから、集中力が切れないのですよ。



今さらですが、リプレは楽しみつつ可能性が探れるMAPが、きっと山のようにあるに違いないのです!
そうだそうなのよ!そこはきっと、あなたを待っているのよー!

はい、待っていたのはこれでした。
おかげさまで、100武器をドロップです。
e0008809_2220693.jpg

両手鈍器といえば、それはやっぱりユニコーンではないワケですが、攻撃104の良品だったのでご満悦です。しかも同じ能力が2本も産出です。
アレです、鈍器デザインはなかなか味があったりで、鈍器コレクターの栗たん同様、これは刀箪笥にしばらく保管して鑑賞用にしたいと思うのです。



それにしても、エリケンさんの職業意識・仕事意欲が、ともに久しぶりに上昇しています。昨夜などは、10万年に1回しか行かない武器庫にも行ってしまいました。
なんだか楽しくて仕方がないのです。出会い頭で姐御に激突死した気もするのですが、24時間たった今では、それも美しき記憶の一頁です。

さて。いつもなら、ブログの最後のコトバをどうしようか悩むワタシですが、今日に限っては簡単っぽいです。ありがたいコトです。安易な常套句が使えます。
それでは以下のコトバをもって、本日の〆とさせていただきます。

「この意欲が、実際の仕事でも発揮されて欲しいものです」

ご静聴、ありがとうございました。

今夜もね、気力充実だったのよ!
[PR]
by fabken | 2007-02-27 22:34 | エリケン
さすらいのF5的マスターシーフ
アメリカの某人気テレビドラマの撮影済みテープを、空港のX線検査に誤って通過させてしまったために、収録内容が消えてしまったそうです。再収録には3千万円もかかるらしいのです。
大変です。3千万円は大金です。ワタシが汗水たらして働いても、きっと一日では稼げない金額だと思います。

ワタシにも似たような状況がよくあります。それは主に職場においてです。
上司A:「例の案件の資料はもう出来上がっているわよね?」
ワタシ:「はい!当然のこと、すでに完成しています」
上司A:「じゃー、見せてもらえる?」
ワタシ:「頭の中では完成しましたが、昨夜の酒のせいで消えてしまいました」
上司A:^^
ワタシ:^^



はい。やっつけで枕を書けばいいってもんではありません。ちなみにワタシは、どんな枕でも寝ることができますが、本音をいえば膝枕が一番いいです。

そんなカンジで。
「全米興行収入№1の感動巨編」と前回記事で予告をしたとおり、先週末にやったギルドイベントのハナシを本日の記事にしようと思っていたのですが、急遽、別の記事と差し替えるコトにしたのです。
予告通りであれば、きっとハンカチ無しには読めない、「おすぎです。号泣しました。ムキーッ!」な内容だったのに残念です。さっき自動改札を通過したときに、頭の中から消去されてしまったに違いありません。



さてそして。
テレビでもよくあるような、差し替え記事です。でも、実はこっちも重要だったりするのです。「ウナ重(梅)」を注文したら、間違って「ウナ重(松)」が出てきたくらいに重要です。あたり前ですが黙って食べます。

つまりは、りおちゃんねるです。
e0008809_2021792.jpg

齢80歳の、マスターシーフです。斬って斬って斬りまくるです。このヒトの場合、サベジのスキルボタンを押すと、自動的にF5も一緒に発動するそうです。
そういえば、昨年末に賢弟ケンエリさんと同時に80歳になって以来、まったく成長が見られないようですが、そもそも人間は、そうそう簡単に成長するものでは無いので、ちょうどいいのかもしれません。



で。
半年ほど前から、二国間同盟を締結しているのですが、二人で狩りをするという状況はほとんどありません。そもそも二人とも、メイポ在住歴こそ長いものの、「メイポ的ヤル気」が著しく欠落しているのでやむを得ないのです。
極めてまれにそういう気分になっても、「ヘイストくれくれ」「ブレイブいらない」という会話に終始しているのです。

しかししかし!
このほど、りおちゃんねるがハッピーでキャチーでラッキーでスウィートな転機を迎えるコトになって、しばしのメイポ休暇に突入することになりました。
そこで。
e0008809_2031403.jpg

そうです、名づけて「りおビシャス」です。ビシャス戦で送り出すコトにしてみましたよ。
別にデンデン戦でも良かったのですが、それだと0.5秒くらいで終わってしまうような気がしたので、こっちにしてみたのです。巷でウワサのホーンテイル戦だと10年はかかりそうです。少年老い易くホンテ倒し難しです。



さてくどいようですが、りおちゃんねる@メイポは80歳です。ちなみに現実社会では○○歳です。
りお&エリケンでビシャス戦を勝ち抜くには、まだまだ大変です。
以前にも挑戦したワケですが。
e0008809_20425170.jpg

それにしてもF5が似合います。

やっぱり区切りのイベントにしたいワケですから、どうにか撃破を目指したいトコロです。
そこで、ギルドメンバーを中心に呼びかけてみたところ、おお、ありがたいことに集結していただきました。
メンバーは、アチャパパ、息子ジョニー、ツナちゃん、彩さん、みったん、鉾ブン、そして長老シデンさんです。凄腕ばっかりです。果てしなく安心です。エリケンさんが誤ってブレイブを掛けなければ、勝利はこの手にある雰囲気です。



時おり、危険すぎるほどの接近戦をしていましたが、奥の手のダークサイトで回避です。
そして十分後。
e0008809_20445371.jpg

80歳にして撃破です。たいしたもんです。メンバーの回数制限の関係で、一回限りの挑戦だったのですが、まさか撃破するとは思っていなかったので、なかなかカンドー的でありました。

戦後の「ルディブリアムで語る会」では。
e0008809_2053591.jpg

以前からのお友達もみえたりして、うーん、よかったよかったってカンジです。



さて。
当分の間、りおちゃんねるはメイポ休業です。メイポは休業でも、日常生活ではむしろ慌しい生活にログインするコトになるワケです。
同盟国として、限りなく果てしなく頑張ってほしいなあと柄にもなく思っておりますよ。えへ。

メイポ復活は4月以降になりそうです。定期的な活動は難しくなりそうなんですが、風来坊らしく、気まぐれで顔を出してくれると思います。
その時には!
e0008809_20595343.jpg

2年前の、あの「凄腕@氷の谷」時代の片鱗をのぞかせてくれることを祈ってます。

あ、秘蔵SS出しちゃった。
てへ。

ヤジキタ道中でご返事
[PR]
by fabken | 2007-02-21 21:08 | エリケン
ロビンソン・クルーソーには早過ぎる
さて、春を呼ぶ節分が過ぎて早くも二週間です。みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。ワタシはモリモリと元気です。
だってだって!
そうなのよ、もうすぐキャッチーでハッピーでラッキーなスプリングがやってくるのよーっ!そういえば、こんな歌詞の曲があったはずーっ!ムキーッ!

はい。
業務繁多な年度末を控えて、ここは一つ冷静にならないといけないワケですが、やっぱり今年の冬は「暖冬」で語られる冬になりそうであります。
ワタシも、とっとと春系衣服に衣替えをしないとだわ!の雰囲気です。東京あたりの生ヌルイ冬だとですね、街やヒトビトの佇まいにも清潔感があったりで、かなり好きなんですが。

やっぱり春ですよ、春。
春になったからといって、特に何があるワケでもないのがカナシイやらホッとするやらの、七捨八入すればハタチになったエリケンさんです。こんばんは。



この週末はひっさしぶりに土日ともに、このブログの主題であったはずのメイプル物語でガッツリと遊ばせていただきました。もしかしたら年末以来カモしれないです。
そんなんでいいのかっていう気も激しくする週明けですが、土日@トーキョーは「雨雨ふれふれ母ちゃんが♪」の、冴えない週末だったのでヨシとするのです。ふ。

週末合計で10時間近くも遊んでいれば、書くべきコトはそれなりにあるワケですが、それにしてもこの週末は多かったのです。
そういうワケで今週のヒネモスは、ひたすらに週末ネタを小分けに出し続けるコトに決めたのです!

平日ネタを記事にしたところで、「お風呂に入ったあと、青亀・赤亀に15分ほど遊んでもらってから寝ました。ドロップはスカイドラゴンが3個しか出ませんでした。それから、30%書が10回連続で成功しました。おやすみなさい」くらいしか書くコトが無いのです。うははのは。



そんなカンジで一本目です。
まずは自分のハナシです。
正確にいうと、「やっぱり自分のハナシ」です。自分が大好きです。
ムギューッ!

仮に地球上の女性全員がワタシだったとしたら、きっと「結婚したいオトコ№1」に輝くと思うのです。
ただ、残念なコトにワタシは地球上に一人しか存在しない上に、さらにオトコなので、いつも「結婚したいオトコ・番外編」に位置しています。
「結婚したくないオトコ」カテゴリーであれば、ひょっとしてひょっとするカモーッ!ですが、その想像は寂しいのです。



さてそして。
e0008809_055619.jpg

劇的に面変わりしたエリケンさんです。
これが半径1m的には、最大風速100m級の大不評でありました。りおちゃんねるから、エリケンウィンクを贈っていただいのですが。
e0008809_0101752.jpg

もはや、子供も泣いて喜びながら逃げてしまうカンジです。というかですね、これだといわゆる「F1」ってヤツと大して変わらないような気がするのですよ。
はい、当社比、どん。
e0008809_0121589.jpg

実はこの日、ワタシは七捨八入でハタチ♪なおめでたい日だったのですが、プレゼントを持ってリプレに来ていただいた、ジョニ&アチャモパパ、そして栗たん、りおちゃんねるからも、「w」の1024乗で大不評です。ああ。



この顔やら髪型やら肌やらヒゲはですね、実は深遠なるコンセプトがあったのですよ。あはは。
「エリケンが乗ったオルビス行の船が難破して、厳しい漂流生活の末に、たどり着いた先が、おお、リプレぢゃありませんか!」という、マリアナ海溝よりも深い深い設定だったのですよ。

しかし。
e0008809_020694.jpg

単なる、カツラをかぶった変なオッサンにしか見えないようです。やはり100年ほど時代の先を行くコンセプトだったみたいです。
時代の先駆者とは、常に虐げられるものなのです。辛いトコロです。100年経ったら「あのコンセプトは革命的だった」と言われるのかもしれません。でも100年後には、メイポは終わってるような気がします。



ともあれ、りおちゃんねるからも、「会話の内容と、顔がまったく一致しないんだけど!」と言われた以上、さらなる男気と、さらなる財布の厚さを見せなければなりません。
「財布の薄さ」と、正確に書くべきでした。

ともかく!
e0008809_02311.jpg

そもそも漂流を経てまで生き延びたようなオトコは、泣いたりしねーじゃんよと思うワケです。やっぱり時代の先を行き過ぎた設定でした。

びふぉーあふたー、さらなるあふたーで、少しずつ変更です。
しかも!
e0008809_0253865.jpg

愛しの麺たんが、わざわざ「七捨八入だとハタチ☆」をお祝いにきてくれたのです。
プレゼントを降らしていただいたり、音楽を流してくれたり。しかも、メッセージまで付けていただいのです!SSは撮ってあるんですが、これはブログに上げないで(*´д`*)しながら、大切に保存しておこうと思ってる次第であります。

ともあれ。
e0008809_029424.jpg

たった一日で、早過ぎたロビンソン・クルーソー、エリケンさんは、またもやヘッポコ顔に戻っちゃいました。
結局は、見慣れた顔で、見慣れた赤亀・青亀を狩りながら、「スカイドラゴンが出ないかなー、できれば一気に3個」とか願う日々に落ち着いたみたいです。



それにしても、長いだけで内容の薄い記事だったと思います。「自分のハナシ」を書くと、たいていはこういう結果になるみたいです。

ブログ開設時から、「自分のハナシ」しか書いていないコトを思い出しました。

次回、全米興行収入№1(当社調べ)、話題の超大作大公開!
[PR]
by fabken | 2007-02-20 01:25 | エリケン
キャべツ納豆をめぐる冒険
なんだか最近は、家にいるときのみならず、通勤時にもスカパラダイスなオーケストラ@トーキョーがヘビーローテーションで「ンチャ・ンチャ」してます。
仕事中にも聴いていたいくらいです。カチョーの厳しいMCをBGMにしているよりは、間違いなく仕事の効率が上がると思うのです。

さて、これを書いている間にも、ワタシの愛しきBOSEからはトーキョースカビートが流れているので、今回の記事はミョーにンチャ・ンチャしてると思います。
んちゃんちゃ。
それにしても、やっぱりドラマーは先代の方がいいなあと切なくなりつつ、それをワタシが考えても仕方の無いコトなので、ンチャンチャと本題に入るのです。



世の中には「出会い」ってヤツが大切なんだよと説くヒトビトは多いみたいです。たしかにその通りなのです。んちゃんちゃ。
ちなみに今日のワタシは、フロアの入口で保険の外交員さんとばったり「出会った」のですが、営業チョコレートをいただきました。お腹が空いていたのでラッキーでした。
まさに「出会いって大切だわっ、ムキーっ!」と叫びたいトコロですが、やっぱりこれを「出会い」と呼ぶのは誤りです。

つまりは、誰かと出会うコトによって、それが思いもかけぬ化学反応やらをおこして、自分の生き方がポジティブな意味で変化したりするってのを「出会い」と呼ぶみたいです。
「ソイツと知り合ったおかげで、犯罪に手を染めることになってしまった夕陽傾く午後4時30分」なんていう状況は、間違っても「出会い」とは呼べないワケですね。当たり前ですが。んちゃんちゃ。



この出会いってヤツは、何も人間同士とは限らないワケですね。たぶんきっとおそらくめいびー。
それはブンガクだったり、オンガクだったりでもいいワケです。あるいは、電柱とかコタツとかポリ袋とかでも、ヒトによっては劇的な出会いと考えたりするのかもしれません。あんまりそういう出会いはしたくありませんが。

電柱やコタツでも許されるのであれば。そうです、このヒトビト同士の組み合わせだって、きっとおそらくステキ出会いと呼んでいいはずなのです!
れでぃーすあんどじぇんとるめん、めいあいいんとろでゅーすつーゆー。
キャベツ納豆!
そうです、キャベツと納豆の素敵な出会いです。太字にするほどでは無いような気もします。



そういえばこのブログは、メイプルストーリーというオンラインゲームを主題とするものでした。
でも、ここを訪れてくれる奇特な読者さまたちはそんなコトは全く期待していないと思われるのでいいのです。今日はあくまでも「キャベツ納豆」で押し進めるのです。んちゃんちゃ。

このキャベツ納豆ってのは、お腹が空いて仕方のなかったワタシ@成長期時代の、ヘビーローテーションメニューでした。
バスケットボールで日が昇って日が暮れていた中学生時代、帰宅するなり「腹へった!」です。その頃のワタシは一日四食でした。回数だけならお相撲さんの倍なのです。
まあ、中学1年のショーネンなんてのは、女の子のコトよりも、まずは食べるコトの方が重要なんですね、はい。

そんなショーネンのワタシに何を食べさせるか、母親も困ったに違いないのですね。だって、夕食は別にちゃんと用意してあるんですから。
そこで「とりあえず食べさせておけばいいかしら♪」で母が考案したのが、キャベツ納豆なのですよ。
考案っていうか、テキトーに出してみたら、思いもかけずバカ息子がモリモリ食べてしまったっていうのが正解みたいですが。



はい。キャベツ納豆を説明するのに、果てしなく言葉を費やしてしまいました。ここまでくるのに、DOWN BEAT STOMP@スカパラが、すでに5回ほどリピートです。だって好きなんだもん。んちゃんちゃ。
さて、ンチャ・ンチャしながらキャベツ納豆のレシピです。ちなみに納豆だけにネチャ・ネチャしてます。あははのは。



・あなたはおもむろに、新鮮なキャベツを取り出します。それをドカンとマナ板に放り投げて、ザクザクと千切りにします。

・千切りにしたキャベツを、やや大振りな器に優しく入れておきます。

・そしてあなたは、スーパーマーケットで買った「広告の品:納豆3個で88円」のうち、お好みで1~2パックを取り出し、愛情と厳しさを持ってグルングルンとかき混ぜるのです。

・そして、スパイダーマンのごとく糸をめぐらした納豆を、さきほどの千切りキャベツに落とし込みます。そうです、まるで映画のような運命的な出会いを思い浮かべながら。

・映画に脇役が必要なように、キャベツ納豆にも調味料が必要です。そんな脇役陣とは。
「醤油(納豆のタレにあらず)」「マヨネーズ」「酢」なのです。おお、まるで小津安二郎映画のような、渋い名優達ぢゃないか。

・名優とはいっても、脇役が出すぎると主役が霞みます。ご利用は計画的にです。特にマヨネーズは調子に乗ると、見た目も味も気持ち悪いのです。

・あなたは、それを再びグルグルグルかき混ぜるのです。

・そしてこの素敵出会いの感動のエンディングシーンは、あつあつはふはふな白米です。くーっ!うまい!泣ける!

・合言葉は「食べて極楽、見て地獄」



いかがでしょうか。書いてしまってから、これで数少ないブログ読者をまたまた失ってしまったなって気がします。
ちなみに。
メイポ的にも、「こいつにステキにチャレンジャー!」をしていただいた方達が数名ほどいらっしゃいます。ご本人達の名誉のためにあえて名前は伏せますが、「おいしいじゃん!」と、エクスクラメーションマークをつけながら賛美してくれました。



モノは試しです。昔からエライ人たちはこう言っています。
「やらないで後悔するなら、やって後悔しなさい」
まるでキャベツ納豆のために用意されたような言葉です。

味の保証ができないコトだけは、自信を持って保証できます。
後悔が予想されるコトにあえて首を突っ込むってのも、これまた意義深い人生だと思います。
んちゃんちゃ。

おまえはだれだ!
[PR]
by fabken | 2007-02-14 23:37 | naked
冬眠なんかしてられない
半径数メートル的には慌しく過ぎた十日あまりでしたけど、ちょっとしたエアポケットの時間を利用して、久しぶりの更新なのです。
ありがたいコメントへのご返事は次回の更新にさせていただきます。

それにしても暖冬ですなあ。寒の戻りってやつを、あと数回繰り返せば、もう春が近づいているカンジなんだろうなあ。
酔った頬を冷やす風を心地よく感じる季節も、もうすぐ終わりですね。

時計
[PR]
by fabken | 2007-02-11 16:58 | naked
ロマンスカーに運ばれてロマンスしてきます
ちょいと慌しい雰囲気の一月下旬から、二月上旬ってカンジです。
シゴトはともかくとして、かなり大事な時期なので大切に過ごしたいなーなどと、柄にも無く思う節分の日のワタクシであります。
もうちょいで、西に向かってグイングインとお出かけなので、ご返事中心の記事でありますよ。

先ほどまで。
e0008809_17372675.jpg

ネジさんにお誘いを受けて、電気タコと戯れてきました。
ちょっと重かったかなあ。最近、メイポ全般が調子悪いです。3ゲージ目であえなく昇天しちゃいました。凹みますね。
今後もさらなる精進が必要と思われますが、それは日々、会社で言われているので耐性がついてしまってます。困ったもんです。あははのは。

そして。
e0008809_18263427.jpg

これはスゴイ!
今年に入って、一番笑ったカモ@タートルストーリー、もといメイプルストーリー。
素敵すぎな方達でした!

さて、あまりにも断片的なメイポにおける一月でしたが、これからもしばらくは、こんな雰囲気が続きそうなカンジです。
当分はデフラグしないで、こんなカンジでダラリンコとやってみようと思うのですよ。

そして、エリケンさんを扱うヒトは、箱根にゴーでまったりしてきます!
行きたいトコロは山ほどあるんですが、2泊の日程で何ができるか心配です。
恐ろしいほどにチェック魔なところは、まったく変わっていませんでした。
とりあえず、ケータイのアドレスの名前はテキトーに変更しておきました。

ジャクムに万病50個で突入しても。
そういう準備だけは万端です。

点と点を結ぶことよりも。
[PR]
by fabken | 2007-02-03 18:24 | naked