Top

ペリオンに眠る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
回転寿司における量的緩和
なんていうんですか、そのヒトが歩いているだけで、職業なり生活背景がビンゴ!ってカンジで分かるヒトビトがいますね。
スーツを着てるヒトは、実に分かりやすくサラリーマンだったりするワケですが、それを言い出すと、世間の大半のヒトはサラリーを貰って生きているヒトビトなので、ちょいと例外にしないといけません。

ホレ、つまりは「力でねじ伏せちゃう系職業」に就いてらっしゃる方々なんかは、かなり分かりやすいですね。プライベートなんかだと、ミョーに派手なセーターを着てたりしますし、何よりも異様なまでのメヂカラで「ボクは力でねじ伏せちゃう系だよ!」とアピールしているワケですよ。



さて。
メイポの世界でも、仮想世界的お仕事っていうか、つまりは狩っているトコロをみれば、そのヒトがどんなメイポ的職業なのかってのは分かるのですが。

もしかしたらジェダイ見習いのヒトビトは、その中でもかなり分かりやすいのではないかと思われます。派手なセーター系職業主張をしているワケですよ。別に好んでしているワケじゃないんですが。
はい、毎度おなじみのこんなカンジ。
e0008809_2146315.jpg

そういえば、かつての兄弟芸人さんで「まわっておりまーす!おめでとうございます!」っていう方達がいましたが、まさにそんな雰囲気です。ぐるぐるぐる。

いわゆるコンボってやつですな。ヒトによっては回転寿司と呼んだりします。
個数が増えるたびに攻撃力が増加して、5個まで貯まったときにコマやらパニックを使うと、結構なダメージを与えるコトが出来ちゃうカモー!っていうスキルです。
もちろん1個でもコマ・パニックは使えるワケですが、仁侠映画の高倉健のように「地味なオトコですから」と言いつつ、耐えて耐えて耐え忍んだ上で、「一発バゴン!」っていう使い方をすると、なかなか爽快だったりします。



でね。
3次転職を果たして、ソードマンからナイトになったときから、エリケンさんはこのグルグルを回してきたワケですね。
e0008809_21494028.jpg

おお、これが一昨年の4月に目撃された、エリケンさんの最初のグルグルシーンです。すでに2年もグルグルしているのです。累加グルグル数を想像するとオソロシイ事態になりそうです。

つまりはブレイブと並んで、これが我々ジェダイ見習いのアイデンティティなのですね。
e0008809_22123023.jpg

HPゲージがゼロになろうがグルグル回す、切ないまでの自己主張です。
そもそも、狩り中のキャラクターの顔が分かりづらいってのも、ナイトくらいなんじゃなかろうかっていう雰囲気です。ワタシは照れ屋さんなので、ちょうどいいのです。てへ。



さてそして。ここで問題です。
「Q.あなたは回転寿司屋さんにいます。ここで回っている皿の数を答えなさい」
e0008809_2205838.jpg

「A.45枚です」



そうなんですねー。風来のデレンさんからお誘いを受けて、ナイト9名・プリースト2名によるビシャスプラント戦に行ってまいりましたよ。

エリケンさんはひたすらに「死にませんように死にませんように」とだけ念じていたのですが、なんだかスゲースゲー強い方達ばっかりで、念じている間に終わってしまいました。
2回とも撃破したんですが、第1戦は4分30秒だったそうです。すごいコトです。今朝のワタシは麗しのカチョーさんから説教を受けたのですが、その時間のおよそ1/3です。戦闘時間も説教時間も短いにこしたことはありません。



ナイトってのは、若いレベルのうちから、ビシャスKBに必要とされる10kダメージを比較的容易に与えられる職業的特性と、なんていうんですか、それについてのある種の誇りみたいなものがあるワケです。
「押すんだよ!とにかく押すんだよ!」です。

あっという間に←に追い詰めてですね。
e0008809_22114465.jpg

運転手さんも微動だにしませんでした。
ビシャスにしてもワルメンボウにしても、パニックを放ったときの、あの「ゲージがガツンと一気に減る瞬間」に、危ない快楽を覚える若きスカイウォーカー諸氏は多いと思われますが、さすがに45個も回転寿司がグルグルしていると、快楽を超えて悦楽の境地でしたね。
すごかったなあ。



メイポでがっつり遊べない鬱憤晴らしをさせていただいた、主催デレンさんをはじめとしたナイト同志、そして巧みなる共同戦線を張ってくれたプリースト2名の方達には本当に感謝なのであります。
うーん、それにしても。
ナイトっていいなあ!

久しぶりにマトモな〆をすることが出来て、ほっとしました。

天才は市井に潜む
[PR]
by fabken | 2007-01-29 23:11 | エリケン
漬物も好きでした
有無を言わさず全面的に、給料日後の素敵フライデーナイトです。つい先ほど帰宅したワケですが、悔しいことにワタシは全面的にシラフです。なんだか野党な気分です。
新宿東口方面に向かわなかった自分を褒めてあげたいトコロですが、そもそもがそんな気分じゃ無いのです。

去年の12月頃に「とりあえず!」と、ヌカミソに漬け込んでおいた案件が、ジワジワといいカンジで醗酵してきました。つまりはオシゴトタボーです。
この二週間のワタシの生活パターンはヒジョーに簡単です。
「起きる・仕事する・寝る」。はい、これだけです。
ある意味ではシンプルライフで、「シンプル・イズ・ベスト」などと三流コピーライター的な表現も出来ないコトは無いですが、仕事でこういう生活サイクルに陥ると、むしろ「シンプル・イズ・ワースト」です。



もちろん、「電車の中で無防備にオナラをしてしまった」とか、「外国の人に日本語で道を尋ねられたのに、オー・イエスと答えてしまった」とか、「満員のエレベーターで、階のボタンを押し間違えてしまったけれど、周囲の視線に負けて一人寂しくそのフロアで降りた」とか。
そんな小さい事件には巻き込まれつつも、ヒジョーに散文的で形而下的な世界で生きておりますよ。うわん。

とりあえず、このヌカ漬けを食べきるまで、あと少し。
2月にちょこっと休暇を取りたい事情もあるので、なんとか頑張ってみたいものであります。



さて。
そんな雰囲気の中で、メイポ的にはお留守番状態が続いておりますが、こっちでも小さな小さな、でも楽しかったなーっていうコトもありましたよ。
水曜日かな。日付変更線をまたぐ時間に帰宅しまして。そのまま風呂に入って、キリンクラシックラガープシュー!な夜を過ごそうとした矢先。

「ビシャスやるからおいで!」
りおちゃんねるからの呼び出しです。マスターシーフ80歳、本日も元気です。
「おりゃ、いくぜ!」です。風呂もキリンクラシックラガープシュー!もキャンセルです。あまつさえ、着替えもせずにネクタイを緩めただけで参戦です。
なんか違うよなーっていうか、着替えるくらい普通にしろよです。



ともあれいくのよーっ!
e0008809_0284479.jpg

今回のりおちゃんねるの生存時間、およそ5分!
今までで、一番の長生きだったかもしれません。チャットをしながらよく頑張りました。
頑張ったのには理由もありまして、あの!麺たん(*´д`*)と素敵相方さまがご一緒だったのですね。お二人とも、りおちゃんねるの古いお知り合いなのです。こういったワイワイガヤガヤ系PTってのは、ホント楽しいです。

もちろん、麺たん(*´д`*)がいれば、ワタシも頑張ってしまうワケで。
e0008809_033110.jpg

時間が時間ってコトで、一回のみの熱い戦いとなりましたが無事に撃破です。りおちゃんねるが撃破に立ち会うのは初めてってコトで、いたく感激しておりました。よかったよかった!
いつかは一緒に生還したいなーって思ってます。いつなのかしらーっ!



ビシャス戦後は、「労働者の集い」を開いてみました。おお同志よ!インターナショナル!
e0008809_036322.jpg

ほとんど休日の無い激務な生活をしている、長老シデンや麺たん(*´д`*)のハナシを聞くと、ワタシもまだまだだなあってカンジです。
次回はモツ煮込みを肴に、熱燗をチビリチビリとやりつつ語り合いたいものだと、新橋駅烏森口周辺的に熱く思ったりします。
むしろ4次職よりも先に、メイポ居酒屋の実装こそが、我々ロードーシャが求めるべきことなのかもしれません。アルコール持ち込みは必須になりそうですが。



さてそして。明日はお仕事です。
ありがたいコトに、サポートの方達も出社してくれるので、バキっと正しいサラリーマンに変身しないといけません。
彼らからは、「仕事をしている振りなら、部内でもトップクラス」「残業中はマウスのクリック音がやたらに多い」「トイレに行くとなかなか戻ってこない」といった、実に高い評価をいただいているので、期待に沿うカタチで頑張りたいと思っております。

出社してもしなくても、あんまり変わらないような気がしてきました。

ドリームサーバでロックオン!
[PR]
by fabken | 2007-01-27 01:21 | エリケン
天狗納豆のファンです
あるがままにイーストなヒトが県知事になったコトよりも。
なにはともあれ、「あるある」な納豆です。前回の記事では「コーヒーが無いと生きていけない」と書いておきながら、ワタシは納豆も無いと生きていけないのです。全面的に豆類に囲まれていないとダメな人生みたいです。



なんていうんですか、つまりは某TV番組で「納豆すごいぜ!」とされた内容が、実は虚偽データに基づくものだったようですな。
先週までは、帰宅時にスーパーマーケッツに寄っても売り切れ状態に近かった納豆人気が、今ではすっかり凋落模様のようです。かえってマイナスになってしまったかもなあ。
うっすらとタイアップな香り漂う番組ではありましたが、それにしてもなんだかなあってカンジです。

でもまあ。
冷蔵庫に「納豆3個パック98円」が常備されていないと落ち着かないワタシとしては、そんな世間のケーハクな移り気さ加減なんざ、どうでもいいワケです。
終生、納豆と共に生きるコトを決めているので、効能があろうがなかろうが全く関係など無いのです。
そうです、きっとそういう納豆な同志は多いと思われるのです!
昨日も今日もそして明日も。輪廻転生納豆は世界を巡る。
合言葉はネバネバでゴー!向かう先は水戸でゴー!



さて。落ち着かないといけません。
そんなナットウキナーゼなエリケンさんの「タートルストーリー」は続いております。そのうちフーテンの寅さんのようにシリーズ化されてしまうかもしれません。
週末は、日曜日のD2時間を中心に遊んでみたワケですが。
e0008809_22495235.jpg

出ましたよ旦那。スカイドラゴンです。おかげさまで2個目です。SSは当然のごとくヤラセです。
ユニコーンには及ばないまでも、この篭手もどうやら高価なものらしく、実にありがたいコトなのです。昨年末にはココからマギコダールも出ていたりで、蓄財に励む守銭奴としては最高の狩場となりつつあります。

よくアレですね、「鶴は千年、亀は万年」とか言ったりします。ご長寿さんです。縁起がいいワケですよ。
でね、ご長寿さんといえば、このMAPはナイトにとってのご長寿万年MAPというか、夢の永久機関MAPといいますか。焼豚ラーメン(あるいは塩味とか)で遊んでいる限り、メルは基本的には減らないです。
「亀が甲羅干しをしている公園で、ボーっと過ごす昼下がり」的な狩りでも満足できる方(具体例:エリケン)ならば、やっぱりここですなあ。



さて。
いきなり話題が変わります。あるブログをご紹介したいのです。
すでにご存知の方も多いと思いますが、戦士諸賢、とくにナイト関係者はゼヒとも一度は訪れて欲しいブログなのです。
もみじサーバーのナイト162歳、FormDeamonさまのブログでありますよ。ワタシも、かれこれ半年以上前からの読者だったりします。
驚いたことにっていうか、ありがたいことに、この方もひねもすブログを以前から読んでいただいていたようです。

ワタシがこのブログの存在を知ったのは、かえでサーバーのあるナイト様からのリンクだったのですが、いきなりファンになっちゃいました。
以前から「メイポネタじゃなくても、スゲースゲー楽しめちゃうよ!」っていうブログが好きで、FormDeamonさんも、そのお一人だったのですね。
なんというか、頼もしき脱力系というか。日々の日記もかなり楽しいのです。

そして何よりも、その真骨頂はナイト考察・育成系の記事にあるのですよ。
これが本当にスゴイのです。
育成サイト・ブログってのは、モノゴトを検証する根気と、それを的確に表現する構成力・文章力が無いとできないなあと常々思っているワケで、育成系サイトの管理人さんは、やはりその二つを併せ持っている方が多いようであります。

ナイトを愛する若きスカイウォーカー達に。そしてニヤリ系記事が好きな方に。
ゼヒとも足を運んでいただきたいです。ほんと面白いですから。



ハナシは枕に戻って納豆です。
これでまた、夜の10時にスーパーマーケットに行っても、3個パック98円の納豆が平和に買える日々が戻ってくるなあと、納豆メーカーさんには申し訳ないと思いつつ、ワタシは心安らかな眠りにつこうと思います。

それにしても検証って大事です。
一瞬、懸賞もステキですって思いましたが、それはやっぱりダジャレです。

とっとと寝ます。

らんかちゃんねる降臨
[PR]
by fabken | 2007-01-22 23:55 | エリケン
珈琲が無いと生きていけません
洗濯物を干してよいものか、天気予報を見ても判断がつきかねる週末です。おはようございます。
豆が切れていて、コーヒージャンキーなワタシは全く目が覚めません。おはようございます。
この一週間は、寝るために帰宅する日々です。おやすみなさい。

さて。
なまじ「カテゴリ」なんてものがあるので、ヒジョーに悩む書き出しなんでありますが。
いっそのコト、五十音カテゴリとか作っちゃって、最初の一文字で分ければいいのかなあと思いながら、それも面倒なのでこのまま行くのです。
そもそも、あと1時間ちょっとで家を出ないといけないのに、まだ洗濯機はグルグルしてるし、食器棚をなんど見ても、コーヒー豆は無いしでアタフタしてます。うけけ。



ともあれ、今週唯一のメイポ記録帳です。
e0008809_10552149.jpg

二卵性双生児として、エリケンと同じ2年前に誕生しながらも、「永遠のボーっとキャラ」として生きてきた青い帽子のヒトが、カニングクエストで思わず30歳になってしまったコトは、前回の記事で触れましたが。

どうみても♀キャラです。縦のものを横にしても♀にしか見えないと思います。
なんとなく街を歩くのが恥ずかしいのです。
そんなワケで。
e0008809_111127.jpg

こんなカンジで冒険キャラのままであるコトに変わりはないワケですが、今後もカニクエ要員として生きていくにしても、テレポがあると便利だよなーってコトで、締め切りに追われる全身倦怠感をおして、強引にinして2次転職をしてまいりましたよ。
ケンエリさんが一昨年の夏にクレリックになって以来の、ワタシとしては3度目の転職なのであります。
それにしても、なんで氷の谷なんかにいたんだろう・・。



ともあれ!
「おねーさま、転職しちゃうわよ!」と、りおちゃんねるに内緒したところ、駆けつけてくれまして。
e0008809_1102067.jpg

今回のSSは全てF5で押し通すのです。この子で遊んでいるときは、スキルボタンよりもF5を押している時間が長いくらいなのです。

さて、魔法使いの実技試験ってのは楽勝であるわけで、ボッ栗さんの誕生日祝いなぞをしているうちに、あっという間に、りおちゃんねるとハインズおぢさんから祝福を受けました。
e0008809_11678.jpg

そうです。氷の女です。アイスガールです。
すでにケンエリさんがいるので、クレリックは考慮していなかったんですが、火か氷かは迷いましたなあ。
「迷うっていうか、そもそもテレポ1のために転職したんだろ!」というカンジですが、人生は何があるか分からないのです。もしかしたら、この子がメインになってしまう可能性がゼロとは言い切れないのです。性倒錯人生がそこに待っているカモしれないのよ!ムギュー!



クールダウン。
そんなカンジでアイスなガールにしてみました。
でも、たぶんきっとおそらくめいびー、このまま土管ガールとして、カニクエで生きていくのだろうなあって思います。
そして。
e0008809_11101890.jpg

早速やられました。
それにしても、この髪型は激しいなあって思います。ずーっと前にやった、ランダム調髪の結果なのですが、おそらくこの髪型でずっと過ごしていきそうです。



コメント返信は次回記事でさせていただきます。いつもありがとうです!
次回は、もみじサーバーの某ナイトさんについてちょこっと触れられたらいいなあって思ってます。

でも、まずは今日のコトを頑張らないといけません。洗濯が終わったみたいです。ピーピー鳴ってます。
それにしても朝の部屋ってのは、ピーピーうるさいです。コンロもレンジも何かが終わるとピーピーです。
これからワタシは素敵に休日午後出勤をしてくるのですが。
そこでもピーピーうるさい人たちが待っています。ピーピーっていうか、むしろガーガー、もしくはドガンバゴンです。

戦ってくるよ(`□´)
[PR]
by fabken | 2007-01-20 11:16 | naked
タートルストーリー
今朝のワタシはですね、出勤途中、コンビニエンスストアで買い物をしたワケです。それがですね、下一桁が4円だったか6円だったか、ともかくビミョーに落ち着きの悪い端数の数字だったのですよ。

そうなると当然のコト、貧弱小銭入れをガシャガシャとするワケです。そしてこれがね、ぴったりと、小銭入れの1円玉ストックと同じだったのです。
なんだか朝からスガスガしい気分です。「おりゃ、釣りは出ねーぜ!財布もスッキリだぜ!どうだ!」です。その時のワタシは、きっとおそらく、光り輝く実に「正しいヒト」の顔をしていた気がします。

でも、店員さんは「ちょーどおあずかりしまーす」と、これまた実に無感動な顔で受け取っただけでした。お釣りが出なかった感動を、ともに分かち合いたかったのに残念です。



さて、そんな1円勝負に切ないヨロコビを見つけるワタシが過ごした一週間@メイポでありますが。
メイポでも当然のごとく1メル勝負です。
e0008809_2351480.jpg

そうです亀です。ひたすらに亀です。正式な名前は知りません。ヒトによっては「タートル」と呼んでいるみたいですが、正式名称を知らないトコロは同じです。
ルディブリアムにずーっと暮らしていて、バイキングやパイレーツ達の「ガツンガツン」という機械音に慣れ親しんできたワタシにとって、この亀さん達の「ボゴンベゴン」はかなり新鮮です。

何よりも、ヒジョーに財布にありがたいモンスターなのですね。
このヒト達の攻撃がイエティと同じように対地攻撃だってのは、経験した方はご承知だと思いますが。
e0008809_2395221.jpg

ダメージもせいぜいこんなものです。筋肉バカ一代にとってはどうってこともありません。
おまけに、この亀さん達は実に平和的なコンタクトを取るヒトビトで、一回目の対地攻撃は単なる空砲に過ぎないワケですね。

鬼のような形相をしながらも、「ボクはこんな攻撃しちゃうんだけどいいかなあ。できれば攻撃したくないなあ。とりあえず仕事だからさ、次はダメージ与えちゃうよ~」なヒトなのです。
しかも、本気を出してくる二回目の攻撃にしても、エイヤ!でジャンプをすれば、楽勝で回避できちゃうワケですな。

つまり、狩りながらテレビを見たりとか、ビールを飲んだりとか、メールをしたりとか、地味にオナラをしたりとか、そんな「ながら狩り」さえしなければ、ノーダメージで一周することも可能なワケですね。
接触したところで、パワーガードを持つナイトとクルセイダーにしてみれば、せいぜい800前後のダメージしか受けないわけで、なんていうか実にユルイ方達なのですよ。

なんだか果てしなく良いヒトタチで、最近では友情すら覚えます。


そんなカンジで、以前から「エリケンはいつもブレイブパイレーツにいるね!」と言われて続けてきたワタシも、その汚名を返上するコトが出来そうです。
その代わりに、「エリケンはいつも亀にいるね!」と言われるようになりました。サーチしなくていいので、とても便利だそうです。お役に立てて嬉しいです。

それにしても、ディスカウントな塩ラーメンで遊ぶことができちゃうし、ブレイブでいけるし、ドロップも良かったりするし、ショップ移動をしなくていいから精神的にも楽だしってコトで、しばらくはココでヘラヘラしそうです。

ともかく、作為的なインフレーションが収まるまでは、ひたすらに蓄財に励むのだ!と、三日坊主な決意を三日前にしたので、ソロのときは変に色気を出さずに、亀と一緒にボーっと過ごそうと思ってます。ボー。



さてそして。
LAPの鉾脳Bunzoくんが、うちわ賊になるべく歩みだしました。ワタシの周囲にはSTRの香り芳しきマスシフが2名いるのですが、彼ら偉大なる先達の道を進み始めたのですね。
そんなカンジで、カニングクエストで一緒に遊んだりもしてますよ。
e0008809_23313027.jpg

もう、HPゲージを隠す虚しい努力はやめたのです。青い帽子を被っているのが、エリケンと同じ頃に誕生した、あの子です。

ありがたいことに、カニクエのみでぬくぬくと育ってきたこの子も、無事に30歳を迎えることとなりました。人生設計を全く考えずに育ててきたので、職業選択に途方にくれているところです。
ともかく「きもいきもい」と言われ続けて2年です。最近では、そのことに少し快感を覚えます。継続はチカラなりです。使いどころが違います。
でもさ、もともとは相方用に作ったのよー!ムキーッ!



やっぱりお手軽に楽しめちゃうカニクエってのはいいもんです。
e0008809_23294349.jpg

何度やっても防御書しか出ませんでしたが気にしません。フリーマーケッツで買ってくれる奇特な方がいるかもしれないです。
アレですよ、卵ってのは物価の優等生と言われたりするそうですが、防御書はまさに、メイポ界における卵です。これからも、地味に量産に励みたいと思います。くっくどぅーどぅるどぅー。

そういえば。
ワタシの今朝の朝食は、卵かけご飯でした。ごちそうさまでした。
ワタシの昨夜のメイポは、亀でした。ありがとうございました。
1円玉や1メル玉をかけて瀬戸際の攻防をする生活に、今後も変化は無さそうです。

それにしても、「1メル玉」ってやな響きです。

オムレツとかスクランブルとかいってもさ
[PR]
by fabken | 2007-01-17 00:14 | エリケン
We're on our way home
ものごとは
たしひきで かんがえちゃ いけないけれど
それでも
よかったことが すこしでも おおかったのであれば
それはきっと
とても かちのあることだと おもうんだ

We're going home
[PR]
by fabken | 2007-01-14 13:34 | naked
赤鞭が憧れだった
それにつけても思うのは、MapleStoryは縮小再生産に入るのだろうかということである。
もちろんこの「さくら」サーバーでも、レベルの若いキャラクターはいくらでも見ることはできるけれど、その中に占めるビギナーの数は実は少ないと思われる。
私は一週間ほどログインしないと、攻撃キーがどこかを忘れてしまう、まさにビギナー状態に陥ることがあるが、それは極めて特異な例なので、サンプルからは除外しないといけない。

いずれにせよ、レベルの若いキャラクターであっても、アバターの下に身につけた装備の大半が、既に評価の定まった「完成形」の一つであることをみると、彼らがそれなりに経験を積んだプレイヤーであることが分かる。



たとえば。
現在の♂戦士などというものは、アバタを剥くとおおよそこれがアベレージな姿である。
e0008809_20385955.jpg

手袋が茶色で無いのがアベレージでないかもしれないが、それは私が色を塗り忘れたからであって、気にしないことをお勧めする。都合の悪いことは見ないようにするのが、人生を大過なく過ごす鉄則である。「給与明細」「預金残高」「客先からのメール」などがこれに該当する例である。

これらの装備が全て強化されているとすると、数千万メルの資金ではとても足りない。ここ一ヶ月の状況だと、原資にすらならないだろう。
それでも、こんな姿の若い戦士がペリオンやエリニアやジパングを歩いているのが、誕生して2年ちょっとの「さくら」の姿なのだ。
こういった現状をみると、2年という時間はやはり長い。特に相方が海外留学している場合は要注意であって、巷では3回ほど別れ話が持ち上がるといわれている。

ともかく、スタートして間もなくこれらの装備に変わり、そのまま一生を過ごすことになるのである。「レベル相応の装備」というのは、もはや無いことと等しくなってしまった。
それは、エリケンのメルが無いに等しいことと全くもって同様である。特に「そのまま一生を過ごす」というあたりが。



最初に10万メルが貯まったときに、喜びのあまり、このゲームを始めるきっかけを作った知人に電話をしたことがある。その知人の別名はアメリカにいる相方ともいう。
その当時、私が最初に作ったキャラクターはこんな格好だった。
e0008809_20464132.jpg

あるいはこんな格好だった。
e0008809_20502097.jpg

もしかしたら、こんな格好だったかもしれない。
e0008809_20504024.jpg

それは記憶違いで、こういう格好だったのかもしれない。
e0008809_20512072.jpg

それすらも実は誤りで、本当はこうだったのだろう。
e0008809_2052159.jpg




つまり初期の感動は、サーバーを変えようが他の職業をしようが、もう二度と戻らないのである。
無理に新鮮さを得ようと必死になると、大抵の場合において失敗するのは恋愛と同じである。

なお、この記事から何らかの意図を汲み取ろうとするのは間違いである。
隠された意図があるのではないかと考えるのは、人間の悪癖であり、大いなる時間の損失である。
たとえそれが、「コタツの中で寝転んで、煎餅をかじりながらTVを観つつ、ケータイでメールを確認する」といった時間であったとしても、意図を探る時間よりもはるかに重要であることは言うまでもない。

それでもあえて何かを見出そうとするならば。
「筆者は着せ替えサイトで遊んでいた」「筆者はメイポをしないとブログが書けない」「かつては100kで感動したけれど、財政状況は今もほとんど変化が無い」「恋愛とは幸福な誤解のことである」「煎餅は草加煎餅に限る」「コタツで寝転ぶのは気持ちがいい」「正月のTV番組は観るものではなくて眺めるものである」などが挙げられる。

しかしそれ以上に、この記事で筆者が最も言いたかったことは、「筆者はいまだ二日酔いから立ち直っていない」ことであって、それは相当な深読みをしないとこの記事からは読み取れないのである。

モノゴトを正確に伝えることは、かくも難しいことなのである。

膝を正して。
[PR]
by fabken | 2007-01-06 21:07 | naked
今年の抱負どころか、初夢も見ませんでした
除夜の鐘がゴーンゴーンと鳴り響いて、日本全国的に新年を迎えてからというものの、すでに三ヶ所の「ジンジャブッカクヤオヨロズ」に初詣をしてきたっていうか、二ヶ所目以降は、それはすでに初詣じゃないよなーと思いつつ、善男善女をやってきたエリケンさんを操作するヒトです。
明けましておめでとうございます。

家族友人モロモロと出かけると、「とりあえずお参りだねー」です。日常の言動からみて、ワタシの周囲のヒトビトがこんなに信仰心に厚いとは思いもしませんでした。



それにしてもアレです。
人出の多いところはどこでもそうですが、押し合いへし合いの中でお祈りするワケです。
「今年こそ宝クジに当たりますように」とか、「できればそれが3億円でありますように」とか、「3億じゃなくてもいから、せめて道端に10万円が落ちていますように」とか。「ついでに、せかいもへいわでありますように」みたいな。
ともかく善男善女が、一年分の願いを限りなく果てしなく、握り締めた100円に(それくらいなんだと思う)込めて、遥か彼方にボンヤリと霞んで見える賽銭箱に放り投げるワケです。

でさ。
願いを込めて「パンパン」と拍手を打ったあと、なんていうんですか、退出路みたいなトコロに誘導されるんですが、まあ、この時の押し合いが凄いワケです。さすが善男善女の集まりです。
こういう光景を見るとですね。天におわす神サマに、「まあアレだ。願いゴトってのは、ヒトを押しのけないと叶わないのだよ、ウハハハハ」と言われているような気がします。
かく言うワタシも、極めつきのアヴェレージ善男なので、周囲を思いっきり押しのけてお参りしてまいりました。お賽銭は10円でしたけど。



さて。ちょいと時間を大晦日に撒き戻しまして。
「久しぶりに放蕩息子が帰ってきたぜ!」と、かなり気合を入れて実家に戻ってみたワケですが、しょせんは電車で30分しか揺られていないせいか、どうも帰省の価値が低いみたいです。
無感動に「あー、いらっしゃい」です。カマドを分けて間もなく4年。すでに「おかえり」じゃ無くなってます。

なんとなく不安な帰省@正月の幕開けです。
それでも、母親が「わー、来た来た!」と言ってくれたので、「やっぱり血は水よりも濃いんだよ!」と思ったら、「ね、栗きんとんの裏ごしやってくれない?」でした。父親には「悪いけど、これやってくれないか」と、洗車とテラス掃除を仰せつかりました。明らかに息子業務として確保してあったカンジです。
どうも両親ともに、単純に労働力が増えたという認識のようです。

なんだか、遊びに来た妹のカレシへの(ちなみにフルモデルチェンジをしていた)国賓クラスの応対に較べて、ワタシへの扱いは下僕クラスじゃないだろうかと思いつつ、誰にも抗議できないので、近所の老犬相手に我が身の切なさを訴えておきました。



そんな雰囲気で、正月の話し相手が犬だけというのもサビシイので、三が日は友人とブラブラ出かけていたんですが。
それでもまあ、久しぶりに会うわけですから、両親ともイロイロモロモロ話すコトになるんですね、はい。
帰省するにあたって、軽い財布をはたいて「天狗舞」と「久保田」という日本酒を買って帰ったんですが、コイツを呑みながら父親とはかなりじっくり話しこんだりしてました。昼間から。フルモデルチェンジした妹のカレシについて。

帰省前から「突っ込まれたらメンドクサイなー」って思っていたのが、相方@アメィリカのハナシだったりで、実はかなり警戒していたんですが、そのハナシは全くでませんでした。息子に関しては本当に子離れができている両親です。



さてそして。今朝のハナシなんですが。
朝食後、ボーっと新聞を読んでいたワタシに、母親が言いました。
「あのさ、私のブログってさ、あんまり人に教えてないんだけど、なんか見ている人が結構いるみたいなのよね、私ってスゴイよね」だそうです。なんだか高飛車です。

たしかに母ブログの記事を読むと、「飼っている金魚が成長しすぎて困っている」とか「ハタチを超えた姪っ子に、いまだにお年玉をあげるのが納得できない」とか「オットの小遣いを年俸制にしたのは間違いだった」とか、どうでもいいコトしか書いていない割にはアクセス数が多いのです。世間には、新聞の社説は読まなくても、他人の家の金魚を気にするヒトがいるみたいです。

それにしても、どうでもいいコトをブログに書くあたりが息子と同じです。やはり「血は水よりも濃い」と感じましたが、こんなコトで感じたく無かったです。
ともあれ、せっかくアクセス数が多いんだから、これからは「息子は親が心配で毎日のように電話をしてくれる」「息子は月に100万円の仕送りをしてくれる」「息子は私たちの誇りだ」と書くように指導をしておきました。



さて。
ここまで書いてきて思ったのですが、ワタシ個人の「新年に向けて、これはがんばるぞ!」的なコトに触れていませんでした。今年もグダグダに始まってしまった感が強いのですが、やっぱりここはガツン!と決めたいトコロです。

ただ悲しいコトに、クソガキの頃から「目標」とか「抱負」とは縁遠い生き方をしてきたので、どういうコトを掲げればいいのか分かりません。
メイポ的な抱負なら軽いカンジでいけそうですが、それすらも思いつきません。「明日までに茶軍手の攻撃21を作る」とか書いても、笑われることくらいはさすがに分かります。

そこで、メイポブログも含むお知り合いのブログを見てから、無難そうなものをいただくコトにしてみました。まずは、せめて反面教師にはなるだろうと、母ブログの最新記事を見てみます。

「子供達が自分の家に帰っていった。やっと本当のお正月が来たようで嬉しい」と書いてありました。
[PR]
by fabken | 2007-01-05 02:02 | naked